キーワード検索

サービス
    合同会社DMM.com

    新型コロナウイルス感染症によるマスク不足を応援  DMM.make が洗える3Dニットマスクの製造・販売を開始

    ~アパレルの3Dプリンターと呼ばれるホールガーメント®機 ※1によるマスク~

    合同会社DMM.com(本社:東京都港区、会長 兼 CEO亀山敬司 、https://dmm-corp.com/、以下DMM)は、DMM.make 3Dプリント事業において、ニットの3Dプリンターと呼ばれるホールガーメント®機※1によるマスクの製造、販売を開始いたします。

    現在、世界中で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を奮い、マスク不足が深刻化しております。DMM.make 3Dプリント事業では、この度、アパレルの3Dプリンターと言われるホールガーメント®︎機のメーカーである、株式会社島精機製作所様の公開しているプログラムデータを使用して、DMM社にて製造及び販売を開始することとなりました。

    今回製造を開始するマスクは、白、黒、グレー、ミックスの4色からデザインを選択でき、布製のためニット生地と同様に洗って再利用いただけます。さらに立体的に編まれており、顔の凹凸にきちんとフィットするため飛沫予防に最適化しており※2、目的に合わせたフィルターをマスクのポケット部分に挟むことで、フィルター自体が顔に密着せず不快感を軽減できるほか、ウイルス対策から防臭まで様々な目的でご利用いただけます。 ※3

    本マスクについては、全国的なマスク不足を鑑み、島精機製作所様がプログラムデータを公開してから、試行錯誤を重ね、わずか10日ほどで企画から製造までを実現いたしました。
    なお、DMM.makeでは、コワーキングスペースを展開する「DMM.make AKIBA」や、DMM.makeブランドによる製品販売、3Dプリンターを用いた受託製造を行う「DMM.make 3Dプリント」という、ものづくりに関わるサービス展開しております。本件のマスク製造販売については、「DMM.make 3Dプリント」の3Dプリント事業で対応しております。

    DMM.makeは、これからも3Dプリントで社会に貢献できることを考え、取り組んでまいります。

    製品概要

    ・製品名:洗える3Dニットマスク
    ・特徴:
    ①ニット生地と同様に洗って再利用可能
    ②立体的に編まれているため、顔の凹凸にフィットしやすく、高い密着度があり飛沫予防に最適化している ※2
    ③マスクポケット部分に目的に合わせたフィルターを間に挟むことでウイルス対策から防臭まで様々な目的で使用可能  ※3
    ④ニット生地のため、やさしい肌ざわり
    ・素材:綿100%の糸とナイロン92%・ポリエステル8%の糸の混成
    ・希望小売価格:1,800円(税別)
    ・色:白、黒、グレー、ミックス(黒グレー)
    ・サイズ:男女兼用
    (※伸縮性がありますので、男女問わずご使用いただけます)
    ・生産枚数:1,000枚/月
    ・耐久目安:耳にかける部分が伸びてきたらお取り換えください。
    ・お届け目安:ご注文から1週間程度

    ※1 ホールガーメント及びWHOLEGARMENT は株式会社島精機製作所の登録商標です。
    ※2ニット製マスク単体では一般的な不織布の衛生マスクとは異なり、ウィルス・花粉をカットする機能はありません。本マスクの最大の利点は、他マスクに比べ密着度が高く、それによる咳やくしゃみの飛沫防止、各種アレルゲンの曝露低減です。
    ※3 本製品にはフィルターは付属しておりません。

     

    ・販売ページ
    https://make.dmm.com/item/1170029/
     

    ホールガーメント®機※1とは

    ニッティングテクノロジーで最先端を走り続けてきた島精機製作所が開発したコンピュータ横編機です。通常ニットウェアは、前身頃、後身頃、袖といったパーツを別々に編成して縫い合わせることによってできていますが、それとは対照的に、SHIMA SEIKIのホールガーメントニットウェアは、一着まるごと編み機から直接、立体的に編み上がります。そのため裁断や縫製といった後工程が不要となり*、労力や時間の削減が図れるほか、縫製に高度なスキルを要する立体成型、あるいは縫製が不可能な複雑なアイテムなど、まったく新しいニットの発想をも実現可能とします。

    DMM.makeとは

    「モノづくり」に関係する「人」と「情報」と「ツール」が集まる、makerのためのプラットフォームです。3Dデジタルスキャン、3Dプリンターを用いた造形、ハードウェア開発に必要な最新機材を取りそろえたシェアオフィスDMM.make AKIBAを運営。モノづくりをトータルで支えるプラットフォームです。
    https://make.dmm.com/

    合同会社 DMM.com について

    1998年の創業からこれまで、動画配信、GAME、証券、英会話、アニメ、プログラミングスクール、3Dプリント、エナジー、フットボール、オンラインサロン・・など領域を問わず、40を超える事業を展開してまいりました。今後も、コーポレートメッセージ「誰もが見たくなる未来。」とともに、変化と進化を繰り返しながら、新たな事業に挑戦してまいります。
    企業サイト:https://dmm-corp.com/

    お問い合わせ

    • 【報道関係者様からのお問い合わせ先】

      DMM広報部メディア専用窓口
      〒106-6224 東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー24F
      TEL:03-5797-8926 (連絡可能時間帯:平日11:00~19:00)
      E-mail:release-dmm@dmm.com