プレスリリース

DMM、江東区中学校卒業生を「チームラボプラネッツTOKYO DMM」に無料招待プロジェクトを開始 2021年4月7日(水)まで 〜2021年3月19日、イベントレポート〜

ダウンロード

_1004746

2021年3月19日、イベント初日の様子
写真左から:DMM.com COO 村中悠介、深川第三中学校 柏岡夕離さん、榎本万由香さん、小栗 愛央さん

 

合同会社DMM.com(東京都港区、会長 兼 CEO、亀山敬司)は、DMMグループが運営する「チームラボプラネッツTOKYO DMM(豊洲)」にて、コロナ禍で恒例行事もままならない中、せめてもの卒業思い出支援と地元貢献の想いから、江東区の中学校卒業生の皆様を無料ご招待する取り組みを2021年3月19日(金)~4月7日(水)まで実施いたします。
本プロジェクト開始に伴い、江東区の中学校卒業式が行われた2021年3月19日(金)に、江東区中学校卒業生数名がチームラボプラネッツTOKYOに来訪、DMM.com COO村中悠介による本取り組みの説明と中学生の施設体験が行われましたのでお知らせいたします。

 

【イベントレポート】
江東区の中学校卒業式が午前中に挙行され、同級生や先生たちとの別れを惜しみつつ家路についた卒業生は、午後、豊洲にあるチームラボプラネッツTOKYO DMMへ訪れました。
_1004715

出迎えたDMM.com COO村中悠介は本取り組みの趣旨を説明、「学校行事がことごとく中止になっていると言う話を聞いておりました。何かできることはないかと思っていた時に江東区さんが取り組まれていたプロジェクションマッピングを使ってのクラウドファウンディングがありました。チームラボプラネッツTOKYOは江東区にあるものですから、何とか生徒の思い出を残せないかとと思って、招待できないかというのを検討して、たまたまご縁があって教育委員会はじめみなさんに話を持ちかけたところ、凄く前向きに捉えてくださって、生徒の思い出作りというところで、私たちと江東区の方たち、色んな方の協力があってこのようなイベントができたという経緯があります。」と語りました。

訪れた江東区深川第三中学校3年生は、新型コロナウイルスの影響で様々な行事が中止になっているが、本日の卒業式はどうでしたか?という問いかけに対し、「例年とは違う卒業式の形になりましたが、先生方の協力で歌などをみんなで歌うことができて、とてもいい思い出になりました。」「(密を避け)みんなで校庭で写真を撮ったりしました」と回答、今回の無料招待の取り組みに関しては「今年はコロナウイルスの影響であまり思い出を作る機会がなかったので、このような場を設けてもらって、思い出を作ることができたので、すごく嬉しいです」と語りました。
今後の高校生活については、「中学校3年生の1年は(コロナの影響で)楽しめないことも多かったので、高校生活は思いっきり楽しみたいです。将来の夢に向けても、高校生活でできることの準備をしていきたいと思っています。」と未来に向けて展望を語りました。

 

深川第三中学校3年生の3人は施設の説明動画を観賞した後にチームラボプラネッツに入場しました。
_DSC5343

・光の宇宙空間が全方位に無限に広がる「The Infinite Crystal Universe」
・巨大なドーム空間の作品「Floating in the Falling Universe of Flowers」
・無限に広がる水面の作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity」
・有機的に動き続ける、無数の浮遊する光の球体に埋め尽くされた「変容する空間、広がる立体的存在 – 自由浮遊、3色と新しい9色」
など様々な展示群の中で自分の身体と作品との境界を曖昧にし、身体ごと作品に没入していきました。
_DSC5316

_DSC5385

光の宇宙空間が全方位に無限に広がる「The Infinite Crystal Universe」では、専用アプリを使って反映させたい宇宙の構成要素を選び、空間に反映させて楽しむ様子が見れました。
無限に広がる水面の作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity」では、無限に広がる水面に鯉が泳ぎ、鯉は人々にぶつかると、この季節の期間限定で桜に変化し、散っていきます。足下に広がる鯉と桜に驚きを隠せない様子でした。

_DSC5581

_DSC5724

 

 

■江東区中学校卒業生をチームラボプラネッツTOKYO DMMに無料招待プロジェクト 概要
コロナ禍における卒業思い出支援のため、DMMグループより江東区の地元中学生をチームラボプラネッツTOKYO DMMに期間限定で無料招待の取組み。
・期間:2021年3月19日(金)~4月7日(水)
・対象:江東区の全中学校3年生
・申込方法:各学校配布チラシ記載の申込フォームより事前申請
・入館方法:申込フォームより事前予約のうえ、入館時に学生証提示
(※中学在学証明3/31期限のものでOK)

※本取り組みに関する取材申し込みは、2021年4月6日まで受け付けております。
DMM広報までお申し込みください。(release-dmm@dmm.com

 

■チームラボプラネッツ TOKYO DMM について
《超巨大なアートに、他者と共に、身体ごと圧倒的に没入し、一体となる》
チームラボプラネッツは、アートコレクティブ・チームラボによる、超巨大な4つの作品空間や屋外作品を中心とした計7作品による「水に入るミュージアム」。
チームラボの「Body Immersive」というコンセプトの超巨大な作品に、人々は、他者と共に身体ごと没入し、作品と一体となる。そして、身体と作品との境界のない体験によって、自分と世界との間にある境界の認識を揺るがし、私たちと世界との連続的な新しい認識を模索する。はだしとなって、超巨大な作品に、他者と共に、身体ごと、圧倒的に没入していく。

【展示概要】
チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com
所在地: 東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO

開館時間
3月31日(水)まで:10:00 – 18:00
4月1日(木)から4月23日(金)まで:平日10:00 – 18:00 土日祝9:00 – 19:00
4月24日(土)から5月9日(日)まで:9:00 – 19:00
*最終入場は閉館の30分前
休館日:4月6日(火)

※開館時間が変更になる可能性がございます。公式ウェブサイトをご確認ください。

新型コロナウイルスの感染防止策
チームラボプラネッツで実施している感染防止策の詳細はこちらをご確認ください。
https://teamlabplanets.dmm.com/covid-19

■公式HP・SNS
公式ウェブサイト: https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/
Instagram: https://www.instagram.com/teamlab.planets/
Facebook: https://www.facebook.com/TL.Planets/
Twitter: https://twitter.com/teamLabPlanets
#teamLabPlanets #チームラボプラネッツ

【プレスキット】
https://bit.ly/34vO1S7

■フードスタンド
店名: Everything is in your hand(エブリシング イズ イン ユア ハンド)
URL: https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/foodstand
営業時間: 全日 10:00〜18:00
定休日: チームラボ プラネッツ休館日に準ずる ※天候により一部休業の場合あり

 

【合同会社 DMM.com について】
総合エンタテイメントサイト「DMM.com」を運営。会員数は3,196万人を突破。1998年の創業からこれまで、動画配信、FX、英会話、ゲーム、太陽光発電、3Dプリントなど50以上のサービスを展開。沖縄での水族館事業参入、ベルギーでのサッカークラブ経営など、様々な事業を手掛けてまいりました。また2018年より若手起業家の支援を強化、「DMM VENTURES」による出資や、M&Aなどを積極的に展開しています。今後も、コーポレートメッセージ「誰もが見たくなる未来。」とともに、変化と進化を繰り返しながら、新たな事業に挑戦してまいります。

企業サイト:https://dmm-corp.com/
プレスキット:https://dmm-corp.com/presskit/

 

【株式会社PLANETS】
2017年設立。teamLab Planets TOKYOの施設運営と管理および飲食店の経営と管理を行う。
所在地:東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー26F
代表者:野本 巧

 

【チームラボ / teamLab】
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、シリコンバレー、北京、台北、メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に《地図のないミュージアム》「チームラボボーダレス」を開館。2022年末まで東京・豊洲に《水に入るミュージアム》「チームラボ プラネッツ」開催中。2019年上海・黄浦濱江に新ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館。2020年6月にマカオに常設展「teamLab SuperNature Macao」ソフトオープン。

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)に永久収蔵されている。

teamLab is represented by Pace Gallery, Martin Browne Contemporary and Ikkan Art International.

チームラボ: http://teamlab.art/jp/
Instagram: https://instagram.com/teamlab/
Facebook: https://www.facebook.com/teamLab.inc
Twitter: https://twitter.com/teamLab_news
YouTube: https://www.youtube.com/c/teamLabART
【リリースと取材に関するお問い合わせ】
DMM.com 広報部
〒106-6224 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー24F
TEL:03-5797-8926(連絡可能時間帯:平日10:00~19:00)
E-MAIL:release-dmm@dmm.com
リリース:https://dmm-corp.com/press/

【チームラボプラネッツの取材に関する問合せ先】
株式会社PLANETS 広報部
E-MAIL:pr-info@planets.art
ご取材:https://goo.gl/forms/fqn8DmGV8WWIntP53

 

 

報道機関の皆さまは、
フォームよりお問い合わせください。