インタビュー

ヤンキーから 超エリートまで 商売人よ、DMMに集え

会長 兼 最高経営責任者(CEO)
亀山 敬司

根っからの商売人
儲けること自体が楽しい

19歳の時、原宿の歩道で布を敷いて露天商を始めた。そこから生まれ故郷の石川に戻りバーやビデオレンタル店から商売の世界に踏み出したんだ。自分でも根っからの“商売人”だと思う。お金に頓着はない。儲けることが楽しいんだよね。露天商で最初に500円稼いだ時、めちゃくちゃ嬉しかった。

DMMは、将来性があるビジネスは領域をとわずなんでもやる。農業もやるし、サッカーもやるし、AIもやる。消防車も作っている。節操のない総合商社みたいな会社なんだよね。商売をはじめる時は、いつも決してうまくいくって確信があったわけじゃなく、ビデオレンタル店で稼いでいたときは、インターネットを脅威に感じたし、「そんな時代、来ないでほしいなぁ」と願ったもんだよ。

ただ一方で、便利なものが生まれれば世間はそれを使うし、自分にはその大きな流れを変えたり止めたりできるほどの力はないと思った。そこで、時代に合わせて、自分のほうを変えたほうが簡単だと考え直したんだ。「怖いものには逆らうより学べ」ってことだね。
DMMには約60の事業があるけど、それは時代の変化を受け入れて、自分たちの戦い方をしてきた。その結果が、今のDMMなんだと思う。
 

時代をつくる
ビジネスのプラットフォーム

DMMは常に、新しい事業や会社が立ち上がるビジネスのプラットフォームとして成長することを目指している。事業を立ち上げようと思ったら、アイディアだけじゃ足りなくて、それを形にする人が必要。営業だけじゃなくて、サービスをつくるエンジニアや、法務や財務の知識を持った仲間もいないといけない。それは簡単なことではないけれど、DMMならできる。それぞれの分野のプロフェッショナルが協力して、新しいビジネスがどんどん生まれるプラットフォームになるのが理想形だと思う。
 


 

自分だけの生き方を

DMMで働く仲間には、自分の中にある思わぬ才能を発見、そして発揮していってほしい。リーダーシップがあって、営業力もあって、企画力もあるなんてバランスのとれた人間は、世の中にそんなにいない。それでも、自分だけが得意な才能を見つけて、それを伸ばしたり、活かしたりできるようになって欲しい。

田舎のヤンキーから東大の天才エリート集団まで在籍していて、国籍も約30カ国から約150人くらい来ていて多様。業種も職種も幅広くなんでもやってるうちの会社を活用して、自分の知らない才能に気づいてほしいと思う。思わぬ出会いやチャンスから、自分だけの生き方が見つかることもあるだろうから。

実際のところ、今のDMMをつくっているのは、俺じゃなくて若い世代なんだよ。活躍する舞台を用意したのは会社かもしれないけど、花を咲かせたのはDMMで自分の生き方を見つけた社員達。FX事業も、英会話事業も、太陽光発電事業も、サッカー事業も、俺はまかせて、後押ししかできないからね。「俺は営業だから」「私はエンジニアだから」って自分の道を決めるのも素晴らしいことだけど、「こんなこともできるんだ!」って驚きを得られるような人生も楽しいと思うよ。 自分に限界を作らず、何にでも、こだわらずに色んな事に挑戦して欲しい。

コーポレートメッセージである「誰もが見たくなる未来」には、従業員を含めた関わる人々が“自分だけの生き方”に挑戦出来る、そんな機会を提供できる会社になるという意思が込められている。

自分が生きていることが
何かの役に立っているか

DMMは、どんな状況になっても、前を向いていく会社でいるつもりだよ。コロナで世界は大きく変わったけど、自分がやるべきことを、粛々とやり続けるのが大切だってことは変わらない。俺としては、DMMの事業を成長をさせ続けることはもちろんとても大事だと思っているけど、これからは、社会的に意義があると思える活動にも力を入れていくつもりなんだ。

例えば、42東京。学費無料で学べるプログラミングスクールをフランスから持ってきた。これに50億の予算を計上している。でも卒業後の縛りは何もない。DMMに就職しなくてもライバル社に行っても構わない。日本のエンジニアの数が圧倒的に足りてないという問題と、どんな家庭環境に生まれても学べて稼げるチャンスをつくる。このふたつの課題に挑戦している。

42東京 : https://42tokyo.jp/


自分が生きていることが何かの役に立っている、誰かにとって価値がある。錯覚でもいいから、そう思えることには価値があると思うようになった。誰かに必要とされる、誰かに褒められる。やっぱり、社会にとって必要な会社にならないと長くは生き残れないと思うようになったんだよね。

これから、社会に求められるのは、“考えて行動して変われる”人。
うちで働いてくれている人も、これから仲間になってくれる人も、自分で自分を成長させる挑戦を怠らず、DMMという会社で才能を開花させてほしいです。