キーワード検索

サービス

    DMM.comが音楽レーベル「DMM music」を設立 A-Sketchと声優アーティストオーディション共同開催も決定

    株式会社DMM.com(本社:東京都港区、代表取締役社長 片桐孝憲、http://www.dmm.com/ 以下DMM )は、2018年3月に音楽コンテンツの企画・制作・プロデュースを手掛ける音楽レーベル「DMM music」を設立いたしましたことをお知らせいたします。既に展開中のアニメ/ゲーム事業と連携し、メディアミックスでのコンテンツの制作に邁進して参ります。 また、DMMと音楽レーベル/アーティストマネージメントを手掛ける株式会社A-Sketch(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 相馬信之、http://www.a-sketch.com/ 以下A-Sketch )は、レーベル設立に伴い「DMM music」 所属オーディションを共同開催いたします。 「DMM music」所属オーディション 特設サイト:https://music.dmm.com/audition/

    「DMM music」概要

    「DMM music」は、全国に眠る才能溢れる声優の原石の発掘、そして新たな時代を担うであろう声優アーティストを生み出す事により、日本のアニメーション文化の発展と認知向上に積極的に貢献していく事業です。
    『あひるの空』『ニル・アドミラリの天秤』に参画を行ってきたアニメーションレーベル「DMM pictures」や、『文豪とアルケミスト』や『CIRCLET PRINCESS』を手掛ける「DMMGAMES」などの既存事業と連携してプロモーションを展開していきます。

    DMM/A-Sketchで声優オーディションを共同開催

    「DMM music」の設立にあたり、声優/アーティストとしての所属をかけたオーディションをDMMとA-Sketch内Astro Voiceレーベルで共同開催いたします。
    ロックシーンで光り輝くアーティストを輩出し、アニメでも、『ユーリ!!! on ICE』『亜人』
    『ノラガミ ARAGOTO』『山田くんと7人の魔女』『恋と嘘』他、多くのヒット作品に参画するA-Sketch。
    数々のアニメ作品にあわせて魅力あるアーティストを起用し、楽曲を効果的に制作・供給していくことに定評があります。
    A-Sketchは、勢いある若手から、アリーナクラスの実力あるアーティストまで多数所属するレーベル/アーティストマネージメント会社で、その強みを活かしたサポートをしていきます。

    また今回のオーディションでは、声優だけでなく今後の「DMM pictures」にて予定されているアニメ作品のOP・ED曲を担当するアーティストの発掘も積極的に行っていきます。

    声優アーティストオーディション 詳細

    募集要項

    参加条件:レーベル/事務所未所属の満14歳〜25歳の男性・女性(2018年4月1日時点)
    応募方法:オフィシャルサイト内のフォームよりエントリー
    https://music.dmm.com/audition/
    募集期間:2018年3月30日(金)17:00 〜 2018年5月11日(金)23:59

    ・一次審査
    内容:書類・音源/動画審査 (※歌唱音源/セリフ読み動画 共に必須)
    ※2018年5月11日(金) 23:59までエントリー可能

    ・二次審査
    内容:面接・実技審査
    日程:7月上旬予定
    場所:東京、大阪を予定(※応募状況により変更になる場合があります。)

    ・最終審査
    内容:面接・実技審査
    日程:8月下旬〜9月上旬
    場所:都内某所

    審査員(敬称略)

    ・吉田尚記

    1975年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。『ミュ〜コミ+プラス』(月〜木曜日24時より放送中)のパーソナリティとして「第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞」を受賞。「マンガ大賞」発起人および選考委員。著書『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)が累計13万部(電子書籍を含む)を超えるベストセラーに。近著に『没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術 』(太田出版)がある。マンガ、アニメ、アイドル、落語、デジタルガジェットなど、多彩なジャンルに精通しており、年間100本におよぶアニメやアイドルのイベントの司会を担当している。

    ・丸山博雄

    1999年に毎日放送に入社。現在、同局のコンテンツビジネス局所属。全国ネット「アニメサタデー630」枠、「アニメイズム」枠、「アニメシャワー枠」などMBS発のアニメーション番組の担当プロデューサーとして、2002年から現在まで多数の作品に参画。アニメーションに加え、実写ドラマ、映画の製作も担当。

    ・数土直志

    メキシコ生まれ、横浜育ち。国内外のアニメーション・エンタテインメントに関する取材・報道・執筆をする。証券会社を経て、2004年に情報サイト「アニメ!アニメ!」を設立、国内有数のサイトに育てた。2012年、運営サイトを(株)イードに譲渡。2016年7月に「アニメ! アニメ!」を離れ、独立。代表的な仕事に「デジタルコンテンツ白書」アニメーションパート、「アニメ産業レポート」の執筆など。主著に『誰がこれからのアニメをつくるのか? 中国資本とネット配信が起こす静かな革命』(星海社新書)。

    ・ヨコオタロウ

    愛知県名古屋市出身。株式会社ブッコロ 代表取締役社長。
    【作品】「舞台少年ヨルハver1.0」原作・脚本 「音楽劇ヨルハver1.2」原作 2018/マンガ「君死二タマフ事ナカレ」原作 ビッグガンガンにて/アプリゲーム「SINoALICE」原作/ビデオゲーム「NieR」シリーズ ディレクション/ビデオゲーム「ドラッグオンドラグーン」シリーズ ディレクション

    以降も決定次第、随時発表していきます。

    本件へのお問い合わせ

    お問い合わせ

    関連するワード

    関連するニュース

    関連する企業