キーワード検索

サービス
    株式会社DMM Bitcoin

    【DMM Bitcoin】口座開設申込から最短1時間以内にお取引開始!審査体制を強化いたしました

    (口座開設申込受領から審査完了までの所要時間:最短10分)

    DMMグループの株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口 仁、暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号 https://bitcoin.dmm.com/ )は、本人確認サービス『スマホでスピード本人確認』等、口座開設における本人確認のデジタル化推進とあわせまして、人員拡充による審査体制を強化し、口座開設申込の受領から審査完了までの所要時間を、最短10分(標準所要時間:20分)とすることが可能となりました。 これによりまして、口座開設申込の完了から最短1時間以内にお取引が開始(※)できるようになりましたことをお知らせいたします。 『スマホでスピード本人確認』の利用率は、口座開設申込件数の約9割に達しており、大半のお客様におかれまして、口座開設業務の迅速化を体験いただけるものと捉えております。

    現在、暗号資産市場は活況を見せており、2021年2月にビットコインは、一時、最高値である600万円を記録しました。
    この機会に暗号資産の投資を検討されるお客様も増え、多くの口座開設のお申し込み、お問い合わせをいただいております。
    DMM Bitcoinでは、2020年7月15日(水)よりオンラインによる本人確認サービス『スマホでスピード本人確認』を導入し、最短で口座開設のお申込み当日中に口座開設が完了、お取引が開始できるようサービスの向上を図ってまいりましたが、多くの口座開設のお申込みをいただいている状況に鑑み、お客様により早くお取引を開始していただけるよう『スマホでスピード本人確認』を利用した申込に対する審査体制を強化することで、申込の完了から最短1時間以内にお取引が開始(※)できるようにいたしました。

    ※『スマホでスピード本人確認』をご利用の上、7:00-22:00の間に口座開設申込をいただいた場合。それ以外の時間帯は7:00以降の審査完了となります。
    ※審査の状況に応じて、お時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

    『スマホでスピード本人確認』について

    『スマホでスピード本人確認』とは、口座開設時の本人確認がスマートフォンアプリを利用したオンラインで完結となる方法です。

    従来の本人確認方法と比べて、郵送物(認証コード)の受け取りが不要、本人確認書類の提出は1点のみとなり、最短で取引を開始したい方にはおすすめです。


    これからもお客様によりご満足いただけるサービスを提供できるよう改善を行ってまいりますので、今後ともDMM Bitcoinをどうぞよろしくお願いいたします。

    口座開設までの流れ

    DMM Bitcoinでの口座開設までの流れにつきまして、下記URLをご覧ください。
    https://bitcoin.dmm.com/about/opening_flow

    暗号資産のチャートやマーケットレポートをWEBサイトで公開中

    DMM Bitcoinで取り扱っている銘柄のチャートをはじめ、マーケットレポートやクリプト指標など、お客様の暗号資産投資の参考としていただける情報を当社WEBサイトで公開しております。

    ▼暗号資産のリアルタイムチャート

    ▼マーケットレポート

    テクニカル分析やファンダメンタルズ分析など、暗号資産の相場状況を見る際の参考としてご覧いただけます。
    https://bitcoin.dmm.com/useful_information/market_report

    ▼クリプト(暗号資産)指標

    暗号資産のハードフォークの情報など、暗号資産に関して重要な指標をご覧いただけます。
    https://bitcoin.dmm.com/crypto_index

    「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」について

    レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類数 国内No.1!(※1)
    口座申込は最短5分!申込完了から最短1時間以内に取引開始!
    口座維持手数料、ロスカット手数料、暗号資産送付手数料などが0円!
    365日サポートで初心者でも安心!
    ※1:2021年3月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ

    ▼「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」公式サイト

    URL:https://bitcoin.dmm.com/

    スマートフォン版取引システムアプリの紹介

    初心者から上級者まで納得の取引システムアプリ(iOS、Androidに対応)!
    PC版取引システムに匹敵する機能をアプリに搭載!

    ▼詳しくは、アプリ・ツール紹介ページをご覧ください。

    URL:https://bitcoin.dmm.com/service/tool


    金融庁のホームページ「暗号資産交換業者登録一覧(https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf)」に記載の留意事項について
    本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
    金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
    暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

    《暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点》
    暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
    暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落し、損をする可能性があります。
    暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)の持つ話題性を利用したり、暗号資産(仮想通貨)交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

    《取引にあたっての注意事項》
    暗号資産(仮想通貨)は、支払いを受ける側の同意がある場合に限り、その支払いに使用することができます。
    暗号資産(現物・レバレッジ)の取引手数料は無料です(ただし、BitMatch取引手数料は別途発生します)。レバレッジ取引は建玉を翌営業日まで持ち越すと、建玉金額の0.04%がレバレッジ手数料として発生します。手数料の詳細はこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/fee)をご覧ください。暗号資産(現物・レバレッジ)取引は、暗号資産(仮想通貨)価格の変動により損失が生じる可能性があります。レバレッジ取引においては、預託した証拠金額を上回る取引が可能である一方、暗号資産(仮想通貨)の急激な価格変動等により、預託した証拠金額を上回る損失が生じる可能性があります。
    暗号資産(仮想通貨)レバレッジ取引に必要な証拠金は、各銘柄とも取引の額に対して25%以上となります。詳しくはこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/overview)をご覧ください。
    暗号資産(現物・レバレッジ)の価格はスプレッド(売値(Bid)と買値(Ask)の差)があります。
    上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。取引に際しては契約締結前交付書面等(https://bitcoin.dmm.com/use/agree)をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

    ▼会社情報

    商号:株式会社DMM Bitcoin
    暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
    第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
    加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

    お問い合わせ