キーワード検索

サービス

    DMM VR研究室が東京大学 連携研究機構 バーチャルリアリティ教育研究センターと共同研究を開始

    VRシステムの評価及び最適化で、新しいVR体験の開発に貢献

    合同会社DMM.com(会長 兼 CEO 亀山敬司、https://dmm-corp.com/ 以下DMM)はVR空間におけるインタフェースを最適化することを目的として、国立大学法人 東京大学 連携研究機構 バーチャルリアリティ教育研究センター(以下、VRセンター)と共同研究を開始いたしました。

    共同研究の概要

    DMMでは2018年よりVR研究室を設置し、VR領域を始めとしたxR領域におけるリサーチと開発を行っており、VRシューティングゲーム「BOW MAN」などをリリースしてきました。

    VR センターでは、VR分野を担う人材の育成と、VRを活用した教育システムの普及を目的とし、人間の知覚と心理についての基礎研究やハプティクス、ネットワーク、センシングなどVRの要素技術研究、VR応用システムおよび、VRアプリケーションのユーザーインターフェース等の研究開発も行っております。

    今回の共同研究のテーマは、「VRシステムの評価及び最適化手法の提案」を予定しております。

    共同研究では、DMM VR研究室が有するVRシューティングゲーム「BOW MAN」(https://bowman.vrlab.dmm.com/ja/)等のVRサービスでのデータ解析を行った上で、VR センターとの連携により、インプット方式やアバタの表示など、VR空間におけるユーザーインターフェースへの習熟・没入度などに着目し、科学的に定量解析・評価するための手法を確立することによりVR空間のユーザーインターフェースの最適化が期待できます。

    今後、DMMでは今回の研究を踏まえ、新しいVR体験の開発に努めていきます。

    DMM VR研究室について

    VR研究室は2018年12月より DMM.com テクノロジー本部のR&D部門として発足されたDMMのVR専門チームです。CTOの直下で、ハイプレゼンスなVR領域をはじめとしたxR領域におけるリサーチとVRゲーム開発を行っています。今回のVRセンターとの共同研究にあたっては、DMMとしてもアカデミック領域への貢献を行うことで、今後益々需要が高まると予想されるVRシーンを盛り上げていきたいという想いから立ち上がりました。

    東京大学 連携研究機構 バーチャルリアリティ教育研究センター (略:VR センター)について

    バーチャルリアリティ教育研究センター、略して VR センターは、東京大学の連携研究機構として2018年に設置された組織であり、東京大学におけるVR 研究における国際的なイニシアティブを確⽴するとともに、先端技術の普及と、VR を活用した先進的教育システムの導⼊を推進することを目的としています。

    センターサイト:https://vr.u-tokyo.ac.jp/

    合同会社 DMM.com について

    1998年の創業からこれまで、動画配信、GAME、証券、英会話、アニメ、プログラミングスクール、3Dプリント、エナジー、フットボール、オンラインサロン・・など領域を問わず、40を超える事業を展開してまいりました。

    今後も、コーポレートメッセージ「誰もが見たくなる未来。」とともに、変化と進化を繰り返しながら、新たな事業に挑戦してまいります。

    企業サイト :https://dmm-corp.com/

    プレスキット:https://dmm-corp.com/presskit/

    お問い合わせ

    • リリースとご取材に関するお問い合わせ

      DMM.com 広報部

      〒106-6224 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー24F

      TEL:03-5797-8926(連絡可能時間帯:平日10:00~19:00)

      E-MAIL:release-dmm@dmm.com

      リリース:https://dmm-corp.com/press/