プレスリリース

DMM GAMESで絶賛リリース中の基本無料の クラフト系カーアクションゲーム『CROSSOUT』 新ファクション「ファイアスターター」実装!

ダウンロード

Crossout_Firestarters_en
ゲームの企画・開発・運営事業を展開するDMM GAMES(http://games.dmm.com/)は、Gaijin EntertainmentとTargem Gamesが共同で開発したMMOクラフト系カーアクションゲーム『CROSSOUT』で、2月8日(木)に待望の新ファクション「ファイアスターター」が実装されました!この火を崇拝している狂人のグループとチームを組んだプレイヤーは、どのような戦場だろうと焦土と化した荒野に変えることができる焼夷弾やフューズキャビン、肉挽き器から生まれた末恐ろしいタイヤなど、新しい車両のパーツを獲得することができます。もちろんこれらのパーツは、現在獲得可能なパーツの一部です。

Youtube動画埋め込み

アップデート0.9.0で実装された最も注目すべき項目の1つが、全てを灰燼と化すガソリンが満タンに入れられた投射物を発射する未加工のカタパルト「焼却炉」です。もし積み重ねられたジェリー缶が目の前に飛んできたら、直撃する前にアクセルを全開にしましょう。
また、3つの燃え盛るタイヤを発射する、新しい発射機「フォーチュン」も実装されました。発射された3つのタイヤは、不運な敵に向かって転がり接触時に爆発を起こします。
更に、戦術的な放火犯にとって、新しい火炎除草機「ドラコ」はとても役立つでしょう。直接ダメージを与えるだけでなく、「ドラコ」に燃やされた敵は受けるダメージが2倍になります。
123

ファイアスターター達は自分たちの武器だけではなく、他の機械的な機能に対しても魅力を発揮します。そのうちの1つが、巨大な肉挽き器から削いだような1組の刃「ミートグライダー」です。1組のタイヤのように、車両のシャーシに搭載するこの奇妙な仕掛けにより、ファイアスターターはどの方向に向かう時でも同一の速度で移動することができ、横道から攻撃を行うこともできます!接触するとダメージを与える「ミートグライダー」や他の近接武器は、他の車両を捕獲し逃げ出させないようにすることができる武器「ハープーン」と組み合わせることが理想です。
また、ファイアスターターの新しいキャビン「ウェアウルフ」は、小さく、多量の爆装ランスとタイヤを装備したドローンを搭載しているため、このキャビンを使用すると、生存者諸君は勝利を掴み取ることができます。自分の車両が破壊されるとこの10秒間操作可能なドローンが発射され、大胆な自爆攻撃によって敵にリベンジすることができます。
4567

他にも、今回のアップデートでは、レベル10に達し荒野に十分に慣れているプレイヤーのPvPでのバトルの最大時間を3分から5分に拡大するなどの変更も行いました。また、該当のバトルでベースを占領できる時間が0.5倍になったため、生存者諸君は戦闘においてさらに戦術的な多様の解決策を適用することができるチャンスを得たり、車両の様々な能力をフル活用することができるようになりました。

【注意事項】
本告知の内容は開発中のものであり、開発者の都合により予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。

<『CROSSOUT』関連ページ>

▼『CROSSOUT』日本特設サイト(ビギナーズサイト)
http://crossout.dmm.com/lp

▼『CROSSOUT』日本公式サイト(メンバーズサイト)
http://crossout.dmm.com/

▼『CROSSOUT』日本運営公式Twitter
http://twitter.com/CROSSOUT_JP

▼『CROSSOUT』日本運営公式Facebook
http://www.facebook.com/CROSSOUTJapan/

<『CROSSOUT』製品情報>
タイトル :CROSSOUT(クロスアウト)
ジャンル :クラフト系カーアクション
プラットフォーム:PC(Windows) / PlayStation®4
サービス開始日:2017年10月5日(PC)
2017年10月12日(PS4)
価格:基本プレイ無料(アイテム課金あり)
プレイ人数:1~16人(オンライン専用)
言語仕様:日本語
CERO:CERO A(全年齢対象)
提供会社 :Gaijin Entertainment / Targem Games
運営会社 :DMM GAMES
権利表記 :Published by © DMM GAMES.© 2017 Gaijin Entertainment. © 2017 Targem Games. All rights reserved.

画像一覧

一括ダウンロード(zipファイル)

報道機関の皆さまは、
フォームよりお問い合わせください。