プレスリリース

DMM.comと 公益財団法人クマ財団、新たなクリエイティブシーン創出のため、学生クリエイターへの支援で協業開始 クリエイター奨学金で採択された学生の制作拠点としてDMM.make AKIBAを活用

ダウンロード

株式会社DMM.com(本社:東京都港区、代表取締役社長 片桐孝憲、以下DMM )と、学生クリエイターの育成を目的とした給付型奨学金を運営する公益財団法人クマ財団(東京都渋谷区、理事長 馬場功淳、以下 クマ財団)は、12月5日より、次代を担う学生クリエイターへの支援における協業を開始します。

1
本協業においてDMMは、次代を担う若きクリエイターの活動を支援・助成することを目的に創設された「クリエイター奨学金」に採用された学生の制作活動の拠点として、運営する総合型モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を提供します。

DMM.make AKIBAは、革新的なサービスやプロダクトを作り出し、急激な成長を目指す人々のためのプラットフォームとして、モノづくりに必要な設計・開発・試作に関してトータルでサポートする機能を有しており、創作的な挑戦をプラクティカルに支援することで新たなイノベーションを起こすクリエイターの育成を促進します。

DMMとクマ財団は、今後本協業において互いの知見を活かし、創作活動に本気で取り組む学生クリエイターを支援してまいります。

2

●クリエイター奨学金とは
クリエイター奨学金は、返還義務を負わない給付型奨学金で、対象期間1年の間に120万を給付し、意欲的に創作活動を行う学生50名の活動支援・助成をする制度です。
本奨学金では自らコンテンツを創作している方を「クリエイター」と定義し、ロボット/サイエンス/バイオ/宇宙工学/AI/VR/ドローン/モビリティーなどに取り組むエンジニアや、映画/アニメ/作曲/漫画/建築/写真/絵画/彫刻などを行うアーティストからも広く募集します。
さらに奨学生に採用後は、独自のカリキュラムを設け創作活動のレベルアップを目指します。

また本日より2期生の募集が公式サイトにて開始されています。募集要項ならびに詳細なスケジュールに関しては公益財団法人クマ財団・公式サイトをご確認ください。

公益財団法人クマ財団 クリエイター奨学金
[2期生募集のおしらせ]
https://kuma-foundation.org/guideline/

■公益財団法人クマ財団について
公益財団法人クマ財団は、株式会社コロプラ 代表取締役社長・馬場功淳が、才能を持った人に「いいもの」を作ってほしい――そんな想いのもと、次代を担う若きクリエイターの活動を支援・助成することを目的として2016年3月30日に設立しました。

学生クリエイターを対象とした「クリエイター奨学金」を軸に、勉強会・交流会・プロによる作品講評といったインプット機会の提供や、制作した作品の展示会などの場の提供など、あらゆる側面から創作活動を積極的に支援しています。

■株式会社DMM.comについて
株式会社DMM.comは、Webを通じてさまざまなコンテンツを提供する事業会社です。動画配信や電子書籍、DVDレンタル、オンラインゲーム、FX、太陽光発電、英会話、3Dプリント、格安スマホなど、幅広いサービスを時代に合わせ柔軟に展開することにより、常にユーザーへ価値を提供しています。

■DMM.make AKIBAについて
ハードウェア開発・試作に必要な最新の機材を取り揃えた「Studio」、シェアオフィスやイベントスペースなどビジネスの拠点として利用できる「Base」で構成された、ハードウェア開発をトータルでサポートする総合型のモノづくり施設です。

3
DMM.makeは“作り手”のために必要な「情報」や「ツール」「人」が集まるプラットフォームです。 ハードウェア開発だけではなく、ファッションやメディアアートなど、幅広いクリエイティビティをサポートする施設として、各種エンジニアやデザイナー、クリエイターにご利用いただいています。DMM.make AKIBAは今後も、世界で最も新しい価値観を生み出し続ける場所として、モノを作りたい人がモノを作り続けられる環境の実現を目指していきます。

 

※本リリースに記載される、各社社名、製品名は、それぞれ各社の登録商標です。
【リリースとご取材に関するお問い合わせ】

株式会社DMM.com DMM.make AKIBA広報:境・田中
TEL:03-5298-5317(連絡可能時間帯:平日10:00~18:00)
E-MAIL:press@akiba.dmm-make.com

画像一覧

一括ダウンロード(zipファイル)

報道機関の皆さまは、
フォームよりお問い合わせください。