一般的に「保守的な業務をしている」イメージのある総務部ですが、DMM.comはここも積極的。「私たちは足で稼ぐ総務部です」と語るように、庶務からカフェの新設まで「なんでもやる」のが特徴です。 独自スタイルでバックオフィスから経常利益の創出を目指す総務部の高橋応和さん、佐藤泰大さんに、転職秘話から現在の仕事、先々の展望を語りました。

「可能性だらけ」だから転職した

—— まずは、DMM.comの総務部の仕事内容について、お伺いさせてください。

高橋 応和(たかはし まさかず)組織管理本部総務部 部長
大学卒業後、 株式会社オンワード樫山に入社。人事部にて制度企画や労務管理、採用研修を担当したのち、同社本社総務部に異動し、庶務からBPR、BPOまで担当。2016年、通販系広告代理店 株式会社トライステージに移籍。総務領域のほか、法務領域と情報システム領域の一部まで担当し、管理業務のバリューチェーンを体得。2019年DMM.comに移籍。プライベートでは総務系勉強会「だけじゃない!総務っ!」を主宰し、日本の総務領域全体のベースアップに取り組む。


高橋:DMM.comの総務部も基本的には他社同様、庶務全般も担っています。たとえば、社内ツールやサービスの管理、福利厚生制度の運用、組織を円滑に動かす業務を行なっている形です。
DMM.comの総務部が他社と異なる点があるとすれば、積極的に提案することを是としていること。「総務」と聞くと、保守的なイメージを持たれることも少なくありませんが、当社は積極的です。
時代の変化に鑑みてサービスや制度の導入提案を行うなど、いわゆる“攻めの姿勢”で業務に取り組んでいます。

——高橋さんは現在、プライベートでコミュニティを運営し、さらに勉強会を主催されています。社内外でご活躍されていますが、なぜDMM.comに入社されたのでしょうか。

高橋:他社と比較して、DMM.comが最もアクティブに働ける環境だと感じたので、入社を決めました。とにかく「可能性に満ちている」と感じたんです。
そもそも私は、総務業務を「社内にサービスを提供する仕事」だと定義しています。企業の中には、総務が“攻めた提案”することを求めていないところもあります。なので、そうした動きを受容してくれる企業で働きたかった。DMM.comには、そうした提案を肯定してくれる文化があると思ったのです。

——「推進グループ」の佐藤さんは、これまで海外で働くなど多様なご経験をされています。過去にもDMM.comで働かれていた経験があるそうですが、どのような点が再入社の決め手になっているのでしょうか。

佐藤 泰大(さとう やすお)組織管理本部総務部 推進グループ リーダー
関東学院大学人間発達学科卒業。西日本鉄道株式会社入社し、国際事業部輸入通関を担当。2013年アダストリアホールディングス入社、生産管理として海外とのやり取りを担当後、経理としてフランスへ出向。帰国後、2017年DMM GAMESへ入社しゲーム事務を担当。2018年笹川平和財団に入社しSDGs/ジェンダーに関する研究チームに所属。2019年にDMM GAMESに再入社し、秘書として活躍。2019年7月からDMM.com転籍し、現職。


佐藤:以前DMMグループで働いていた際は、DMM GAMESに所属していました。当時は事務の仕事をしていたのですが、NPO法人での仕事に興味を持ち、転職しています。ただ、所属していたチームがなくなることになり、進路を考えていたところ、再びDMM GAMESに声をかけていただきました。
もともとDMMグループに入社したのは、高橋が言っていたように、可能性に満ちた会社だからです。一度離れたからこそ、その魅力をより強く感じていたので、再入社することを決めています。

総務部は“会社の主役”になれる仕事

——お二人ともDMM.comに可能性を感じてらっしゃいます。総務部が可能性を具体化できた仕事について、教えてください。

佐藤:具体例を挙げると、社内に新設した「DMM.cafe」です。もともとDMM GAMESの福利厚生として外部サービスがあったのですが、コストやそれに対する効果を全社的な観点でみると、まだまだ改善の余地がありました。カフェについての課題に対し、総務部が自らカフェを運営する提案を行い、新たにカフェをつくりました。

—— バックオフィス業務以外にも、会社の成長に寄与する提案をされているんですね。

高橋:おっしゃる通りです。カフェはセミナースペースに設置していて、カフェができてから、セミナースペースが空いている時間の利用者数は10倍以上に増えました。 今後はスペースに集まる人を増やすだけでなく、異なる事業部の人同士が偶発的に会話することも考えられた場所にしていきたいと思っています。事業部間でシナジーが生まれ、会社の成長につながってくことを狙っています。

—— DMM.comの総務は、攻めのスタンスが維持され続けていると。

佐藤:そうですね。「領域問わず、なんでもやる」という社風は、総務部にも浸透しています。ダメ元の提案でも、むしろ面白がってくれる上司の存在や、提案の自由度が高い環境は、大きなやりがいがあります。

高橋:個人的には、「攻めない理由がない」と思っています。ビジネスのサポートをするのはもちろんですが、自分たちが心踊る施策や環境づくりにコミットすることで、それを実現することもできる。総務部の仕事は、会社の中心になれる仕事です。

DMM.comの総務部は「足で稼ぐ」

—— 今後の展望についてもお伺いさせてください。

高橋:チーム全体で、より多くの成果を出していきいたいと思っています。現在もアクティブに活動することはできていますが、正直なところ、まだまだ主力メンバーが中心となってプロジェクトを牽引している状態です。今後は部門一体となって、会社を引っ張る動きをしていかないとな、と思っています。 DMM.comは、とてつもない設備や資産を持つ会社です。それを考えると、まだまだ活かしきれていない資産がたくさんある。間接的にも、直接的にも、バックオフィスからベネフィットを生み出す働きかけをしていきたいです。

佐藤:既存プロジェクトをブラッシュアップしていくことはもちろん、予算をきちんと使って、総務部からベネフィット創出する動きを加速していきます。まだまだやれることはたくさんありますし、スピード感も上げていけるはずと考えています。
DMM.comの総務部は、「足で稼ぐ」のがウリです。机上の業務だけでなく、足を動かして、全社を巻き込みながら施策を生み出していきます。

—— 先々の展開を考えると、ワクワクしますね。描いている青写真を実現するにあたり、どのようなメンバーを募集されているのでしょうか。

高橋:総務の仕事には正解がないので、バランス感覚がある人が向いていると思います。DMM.comの総務部は行動力がある人が活躍できる環境ですが、それだけでは不十分。他部署との連携が必須なので、コミュニケーション能力があり、数字の理解もできる人材だと嬉しいです。

—— 「総務の経験があるとより良い」といった歓迎条件はありますか?

高橋:過去に総務をやっていることも大切ですが、それよりも物事を前向きに捉え、自分でPDCAを回せることが重要です。実際DMM.comの総務部には、過去に総務を長く経験している人はほとんどいません。

佐藤:僕もその一人です。ファーストキャリアで貿易関係の仕事をしていましたが、夢を諦められず、退職してアルバイトをしながら夜間の学校に通い、服飾の道へ。転職した会社でフランスに出向し、帰国して入社したのがDMM.comです。いわゆる総務として働いてからの期間は短い。それでも、大きな裁量権をいただいて仕事ができています。
総務の仕事は字のごとく、総て務めるもの。なので、相談事をゼロから形にできる力を持っていれば、過去の経歴は関係ないと思っています。

—— 最後に、入社を考えている方にメッセージをお願いします。

高橋:私は総務部を「器のような部門」だと思っています。DMM.comは可能性にあふれるカオスな会社で、総務部はそのプラットフォームの一つです。みなさんが想像する総務とは、一風変わった仕事ができると思っています。ぜひ、門を叩いてほしいです。

 

構成:檜山加奈 写真:清水舞